2006年06月06日

もちろん、書きたい。

零と話してて、小説の話になった。
俺の開店休業も随分長く、ちょこちょこ年に1、2本短編を出す程度しかやってない。
別に書きたくなくなったわけじゃなく、ずっと書きたいんだけど他のことに手を出したり、億劫だったり、手をつけづらかったり。

しかし、通称「アクト」で通ってる自分のメインの作品は資料はそれなりに溜まっている。
文書としての資料はもちろん、脳内設定の量はかなりのものになっている。それもそのはず、中3で書いてもう7年は経っている。その間、諦めず内容をじわじわと練ってきているのだから、大した量にもなる。
ちなみに「アクト」とは主人公の名前で、長らく小説の題名が決まってなかったため通称になったもの。現在は「Brave'n Brade」というタイトルがついており、恐らくこれでそのまま確定だと思う。

Brave'n Bradeは中世ファンタジーであり、基本設定は中3当時から変わっていない。
とはいえ、いろいろと変わった。最初の時点で主要キャラクターは3人だったのだが、のちに増え、さらには外伝のほうから合流するといった感じで、中核以外はちょこちょこ変化している。
ぱっと見わからないが、シナリオなどには魔法が大いに関連する内容になっているため、魔法の設定が特に詰められている。
しかし設定は膨らむが、肝心の執筆には入れないままなわけだ。
一度手をつけようとはしたものの、勢いをつけきれずだらだらする前に切り上げた。

書きたいとはずっと思っている。ただ、それを始めると他の事があるとそれだけで止まってしまうような気がする。
小説を書く時はメッセも切って完全に他のことから気持ちをシャットダウンするのが自分の基本スタイルである。書く時は本当にそこに集中しなければ書けない。執筆中は、ある種自分との戦いでもあるし、雑念が入る余地は最低限にして行ってきた。
しかし、そんな状況を自分で今作れるのかと言ったら、なかなかそうもいかない。この頃仕事を抱えっぱなしな気がしてならない。
本格的に「休業」しないと、小説を書けないんじゃないかと思う。

2005年11月30日

だる雑記

前回100個目だということに指摘されて気づく。
ふむ、遅かったんだか早かったんだか。
……遅かったんだな、うん。

3分クエストも33話だし、まぁ記念でちょっとばらしますか。
『本編』に着手しました。最近小説云々いいつつ、全然進展が見えないのは故意に隠していたからだったりしたのですが、まぁばらしてもいいかなと。
なにせ足かけ6年の代物ですから、慎重にね。でも直前まで伏せとく気もなかったので、ぼちぼち公表ということで。
つまり、久々に設定からなにから詰めて真面目にやったもので、特にこれが一番設定密度が濃い代物のはずです。
部分的にですが、大陸地図も用意しちゃったし、もう裏設定はどんどん膨らませています。
ただ設定ばっか膨らんで中身がどうなんだろうって話なので、まだまだ勢いよく書ける状態じゃありませんが、ちょっとずつ書いていくし、これに手をつけた以上途中で投げ出したりしませんので。
それだけ思いいれの強い作品ですので、楽しみにしててください。ただし、前述の通りとにかく時間がかかりますので、のんびりとね?

あんまりプレッシャーかけちゃだめよ。それで焦って台無しにするようなヘマはしないけど、かといってプレッシャーがプラスになるような場面でもないのでw
大丈夫、必要なプレッシャーは自己暗示で行くから。もうここ数年やってないけど、そういうのが本来のパターンです。


そういうわけで、エルゴやら弟サイトの1万Hit記念になんか書くのは、とりあえずやめました。直接なんか言ってくれば考えないでもないですw
ただ、ちょっと精神的には段々気になる事が増えてきたので、そんなに余力はないと思ってくだされ。

2005年11月03日

スクラップド・プリンセス

あえて日記で読んだ小説に触れる事は少ないのですが。
作品としてかなり好きな作品なので、あえて最終巻については語らせてもらいましょう。
以下ネタバレ含むので注意。

スクラップド・プリンセスの続きを読む

2005年10月21日

僧侶は魔王になるのか

3分クエストなんて行き当たりばったりですよ。むしろ小説書きてぇよ。
まぁ零がいろいろ言ってるわけですが、まぁ面白いっちゃ面白い展開だわなw

なんか久々に、すっごく気力が低下しています。相変わらず波があるわ。
むしろ昨日授業さぼりました。遅刻するとめっさうるさいので、自転車こいでチェーン外れて、もう行く気なくした。
それが原因か、あるいはそのあとなんとなく小説を読破していたのが原因か。
フルメタいいっすよ>ロキ様
最近集め始めたばかりなので、まだ最近のしか手元にないですが。一巻があるか。でもボン太くんでてくる外伝わたしたほうがいいような。

ななみんに「小説は?」って聞かれるんですけど、書く暇がないとは言わない。ただ、いろんなことをやらなきゃならない状態で、ごちゃごちゃして取り掛かれないというのが。
というか、片付ければいいんだけどね。一つ一つを区切って時間を割り当てればいいんだけど、それができないからなぁ。タイムシェアリング苦手なんですよ。バッチ処理しかできないんすよ。
書きたいさっ つд`)
あ、でもカオスミニ劇場のほうは早いうちに出せそうです。一応。

小説ね、ここのところ全部中途半端なのさ。
本来はもっと時間をかけて練らなきゃいけないんだけど、練る部分なしにやってる。
練らないと、見直しした時にひっかかって、また大量に消したりする羽目になるから、いかんのだけど、どうもね。
Fatwitsも、すでに強引でかつ描写不足な部分がいくつも見られるので、どうしても修正入れざるを得ない。ずれたまま進めていくと、変な風になっちゃうから。まぁ、最近の新人小説はそれぐらいのレベルの未熟さが残ってるの、多いんですが。

小説カテゴリ久々に使った気がする。

2005年06月08日

The Sound of The Sea

略してTSTS(略すな

零とにーやんがblog上でリレー小説するらしいのです。それがThe Sound of The Sea。
前やろうとしたリレーは失敗というか、なんかよくわからんうちに消えてしまいました。
今回は二人でやるみたいですけど、はてさて。

このページに第一回目から順次リンク載せていきます。

OP
1回目
2回目

2005年05月09日

なにやら書き始めてますが

なんかNovelBoxなる不思議コーナーがいきなり登場したかと思えば、謎の新連載始まってます。
しかもキャラ紹介がこれの一つ前という状態。どうなんだろうか。
まぁエンス編です。Day And Wiz。特に深く考えずに名づけました。いつも通り。

とゆーか、このまま連載続けられるかどうか不安ですな。
それに、連載という形は大きく中身を変える事ができないという欠点が。
変えてみるのもそれはそれで楽しそうですけど。いやあかんか。

で、早紀さんのほうもほわほわと書いてますよー。気が向いたときにだけど。
なかなか調子がでないけど、大学入ってからまともに長続きした試しがないんで勘弁してください。
今後うまく小説書けるのか自分自身わかりませんし、不安です。頑張ろうという気持ちが不十分ってことでしょ。腑抜けた野郎ですが、生温かく見守ってやってください。小説書くのをやめる、ということはしませんから。

まぁ正直忙しいですが。忙しいの理由にすることもできないと思うし。忙しいからやめる、じゃなくて忙しいのを口実にやめるだけだからね~、それは。何度かやってるのでそれは理解しております。
あ、連載の内容ですが、まとまったらちゃんとサイトに載せる予定。
ちなみに、連載自体はこれで3回目です。茂雄編は内輪のとこで連載してました。

アクト本編を今年こそ、と思ってましたが長編としてはFatwitsが先になりそうです。

2005年04月29日

連載なんかするんかなぁ

とりあえず、初期に作ったカテゴリーを埋めてみる。
小説のカテゴリーで取り扱うのは、自作小説と一般的な小説の話題全般。
自作つっても最近全然書いてないがね。
逆にそういうわけで、ブログ上で少しぐらい連載できたら面白いかなぁとも考えてる。

さてさて。
今は"Free as the wind in the sky."、通称fatwitsが一番手。
空をテーマとして、ほわほわ~っとした感じで書いていければいいかなぁと思ってます。
プロローグはあんな形になったけど、本編では一番最初から書いてます。
ただの女子高生の早紀がなんで空飛んでるのか、ちゃんとわかるような理屈つくってます。なんだかんだでSFだし。
あぁ、連載つってもfatwitsができるかどうかはわかりませぬ。

連載向けといえばエンス編。あれはノリだけで書いてるのでいけるかも。
ブログだと後で修正するのも楽だし、ね。
エンス編で、しかも各キャラの一人称で書こうと考えてます。エンスのみじゃなくて、主要4キャラぐらいの。エンス・タレン・D・ベリアントの四人だね。あと+αもありうるかも。
まぁアクトにしろエンスにしろ、あのへんはパクりの塊だと自覚しております。作品の基本設定を作っていたころに読んでいた小説の影響いろいろ受けまくってますので。

ま、実際連載できるかどうかは、まだ未知数。
なにせ忙しいことは忙しいし、段々だれてくるのは目に見えてる。
というかダルイズム全開ですから。このブログ自体が。