2005年09月30日

イレブン

セブンイレブンってどう略します? なんか人によってセブンだったりイレブンだったり。
うちの地元だとイレブンだったんだけども。

で、そのイレブンが最寄のコンビニなんですが、ここんところ毎日行ってるような気がする。
一人暮らしの大学生としては別段、毎日コンビニ行くのは珍しくないと言うか普通なわけですが、もともとコンビニをあまり利用しない自分としては珍しく。
それも大体夜中にいってるわけですが。
まぁこいつとか夜にコンビニ行くの日課らしいけど。


このコンビニ行くというのは多分だらけ度の上昇がもたらしたものだと思われます。
つかコンビニ以外に外出てないとか。
えぇ、不健康ですが何か?
ちなみに、深夜にコンビニいく目的は普通に夜食なわけですが。なにせ寝るのが4時デフォだから1時過ぎとかに結構食いたくなるし。
この前は徹夜だったから、なおさら途中で食いたくなって買いに行くという。

にしても、深夜でもコンビニ人多いわ。いるかいないか、じゃなくて必ず数人は客がいるという。8割は学生ですが。そりゃ大学が目の前だしなぁ。
店員も深夜にも関わらず、ほぼ常時二人いるような。
あと朝4時だかに行った時には、棚にちょうど仕入れたもの入れてるところだったぽく、店員も忙しそうにしてました。
なんか地元のローソンとは大違いだ。深夜のバイトなんか確実に仕事しないで立ち読みしてるっちゅーねん。


ミニツナサラダうどんなるものがあるんですよ。一度買い損ねて後悔し、昨日メッセでその話をふられたため、ノリで昨日は買ってきた。
味はまぁ、コンビニ品質なわけで、でも深夜すっきりしたものを食いたい時にはなかなか(・∀・)イイ!!と思います。
そのうちまた食うかもなぁ。

イレブンの続きを読む

第10話 「ゆーしょー」

「阪神優勝~」
「あぁ、優勝したね」
「でもさ、なんか阪神優勝って使っちゃいかんのだっけ」
「商標登録だったか、あれは。商品に使うとアウトなんじゃない?」
「ふーん」
「またなんか怪しいこと考えてる……」
「じゃあさ、商標登録すれば大体なんでもありなわけ?」
「あんまり一般的だとダメみたいだけど、まぁ審査さえ通ればいいとか」
「じゃあ今のうちに楽天優勝とかも取っておけばいいんじゃない?」
「楽天のことだから、自分でもう取ってるんじゃないかなぁ」
「ていうか、楽天が優勝するのっていつよ」
「それは……まぁ言わないでおこうよ」
頑張れ新球団。

2005年09月29日

久々に蒼天演義に登録してみました

でも外伝のほうです。Wikiに掲載されてたからー。
改造が激しかった5月頃にお邪魔してたんだけど、最近見てなかったので。
技術提携といいつつ、最近はスクリプト交換もしてません。
私信ですが、今回のテストプレイ終わったら久々にスクリプト本体を、Raysの資料と一緒に送ります>香登さん

さて。
登録したからには、なんか書こうという話ですが、俺が書くと批判ばかりになるわけで。
いっか。批判したいんだから(ぇ


・メール認証
どこのサイトでも思うんだけど、意味がよくわかりません。全くわからないとも言わないけど。
フリーメール禁止でもないし、作業が少し面倒になるからといっても多重は楽勝だし。
もちろんフリーメール禁止したら遊べない人でてくるんだけどね。

・ステータス画面がXGA以上推奨
XGAってのは画面解像度(画面の広さ)のことで、1024*768以上じゃないと画面からはみ出ます。
快適にプレイするためには、最低でもXGA必要なみたいです。
今時VGAはいないだろうという考えかもしれませんが、左側にツールバー(お気に入りなど)出してる人は多いですよ?

・広告
うざー、の一言だけどまぁ、これは仕方ない。と思う。
でもアダルト表示されるのはよろしくないと思います。鯖に同居してるのも知ってますが。

・面白かったらクリック
広告と同じだけどね。自分の中ではアウト。

・コマンド更新時間
なんで書物なんだろー。いいけどさ。

・JavaScript
使うのは構わないし、それで便利になるからうちだって使ってる。
でも、なんで更新時間はJavaScriptでリアルタイム表示なのに、コマンドはわざわざCGIで実現してるんだろう。
きっとJavaScript切っても更新時間表示されるに違いないと思ったら、表示されなかった。
なんだろこの不徹底w


あと、一度香登さんが串推奨してたー。
どうなの、それ。

久々に蒼天演義に登録してみましたの続きを読む

第9話 「だって」

「ちょっと! それ私が買ったやつ!」
「あんただってこの前私の使ってたじゃない」
「それ言ったら、私の貸した漫画いつ返してくれるのよ」
「だって、気が向いたときでいいって言ったじゃん!」
自分の非を認めない限りエンドレス。

「おまえさぁ、人に道譲るのはいいけど、相手が道譲るかどうかちゃんと見ろよな」
「だって、俺が譲ろうとしたらあっちもどくんだもん。譲るのやめようとしたら相手もそうだし」
「だからさぁ」
反対側から歩いてきた人と譲り合って結局一旦止まっちゃう人。


この二つ、基本的に同じなんだろうね。
じゃあ、上の言い合いも先に折れるほうの譲り合いですか?

2005年09月27日

就職の方向性

さて、迫り来る就職活動なわけですが。
ロキ様がお仕事関連の話を結構してて、最近もそのネタで攻めてきたので、うちもそろそろ。

そもそも理系ですから、ある程度は方向性決まってるのですよ。職種的な。
ただ、それでも情報というのはもはやどこにでも必要とされているだけあって、職種はある程度縛られても会社の業種は、結構自由なんですね、これが。
あと、うちの学科で学んだ事はプログラマというより、SEに直結するわけですが、別にSEになる必要もないわけで。工学部の情報系ではなく、情報学部で学んだ、というのはかなり選択肢を広げるポイントにもなっています。


どういった会社を希望するかはこれからですが、仕事の中身をいろいろと考えてみました。
やはり自分の系統としては、SEの方向になりそうです。ただ、SEの中でもさらに、って希望もありますけど。
どうやら今後もPCの前から離れる事はなさそうです。あまり良いことでもないと思うんですが、まぁ仕方ないなぁと。
興味の方向性としては、ユビキタスとかインターフェースにも興味もあるし、うちの学校はその辺強いんですが、どうも今の自分にはしっくり来ない気がします。
まぁSEにだって適正がそこまであるとも言えないと思うし、どっちもどっちなんだけど。

ただ、研究ってのはどうも難しいかなと。研究するなら院に行くわけですが、院にいって研究しようという気には今のところなりませぬ。
どっちかっていうと現場でのし上る方が興味あるかな、ていうw
とにかく経験を殺さず、どんどん上を目指せたらいいかなと思っています。ある意味、そのためにSE方面と決めた部分もあります。


ちなみにSEと確定させはしましたが、強く拘ってはいません。
会社で同じ仕事を続けるとも限らないし、また自分も興味が1つとも思ってないし。企画とか経営方面はいいなぁと思うけど、はてさて。


今後の会社選びの基準。やはり、給料良くてもだらだらとした職場はごめんかな。給料がいいのは、先の話でよくて、まずは経験と技術を鍛えることから始められるようなことを考えつつ。経験や技術はSEのみに限らず、他の部分も含めて包括的に考えます。
そういう意味では、会社の方針、雰囲気、人材育成、このへんにこだわりたいですね~。
次が福利厚生、給料といったところなのかな。

このへんの言葉の裏には、経験の下積みが終わればその後はその会社に所属し続けるかわからないという、なかなか自己中な考えが見え隠れしてますw
いや、もちろんその会社で居続けるような状況かどうかを見極めつつね。居続ける状況なら別に終身雇用でも問題なし。
また何かが見えたら独立するのも面白いかなぁと思っていますが、残念ながら今の俺には独立するだけの気合の入ったものは見えてません。思いつきはいろいろとするんだけど。
そゆわけで、やはり独立するにしても基礎積んでからという考えがあります。わりとそこは前から考えてました。

現時点で、周囲より就職に関してはいくらかアドバンテージがあります。それは気の持ちようであり、AOを通った経験であり、先のことの考えであり。
でもまだ全然途中なので、忙しくなってもできるだけ、そこから先に進むよう努力していきたいと思っています。
真面目な話2連発ですが、以上です。

第8話 「まじめに?」

勇者:「著者も真面目な話書いたあとに、この3分クエスト書くの辛いわけだが」
僧侶:「まぁ、始めた自分を恨むしかないってね」
勇者:「そこでだ、3分クエストも真面目なネタで攻めてみようと思う!」
僧侶:「あんたが出てきた時点で、真面目の欠片もないような気がするんだけど……」
勇者:「ゴキブリがどこから入ってくるのかについて!!」
僧侶:「それはパクリだろうがあああああああああああああああ

べごしっ

勇者:「へこんだっ!? なんかがへこんだっ!!」
僧侶:「おだまりっ! あんたいい加減その微妙なボケを治しなさい!!」
勇者:「ちょっとまて、モーニングスター振り回すのやめ……」
僧侶:「問答無用!!」
勇者:「うぎゃあああぁぁぁぁ....」
一部大変見苦しい部分があったことをお詫びしますw

2005年09月25日

コンテンツ

一日飛ばしに見えますが、一応寝た回数としては1回なのでちゃんと言った事は守ってます。
ということで、今日もだらだら過ごしましたが、だらだら分清算で少々真面目に書きます。


著作権や特許権などの知的財産権は、近年社会的にかなり大きな比重を占めています。
まぁ何事もアイデアとか作ったもの勝ちとか、そういうもんですからね。資本主義社会だし。
だからそれを保護するためにいろいろと法整備もされてるし、技術的にもいろんなものを尽くすのですよ。

ここはやはり音楽メディアの話からしましょうか。
以前にも話したとおり、音楽業界はいろいろと四苦八苦してる最中です。
CDが売れないのでMDなどの録音メディアに上乗せするなどのほか、最近はMP3プレイヤーやHDDプレイヤーに対する警戒もかなり強めています。
特にiPodの衝撃は大きかったようですね。まさか林檎が大ヒットするとは誰も予想だにしてなかったというか。

とにかくコピーされるのをなんとかしたい。その一心で、CompactDisc規格を離脱したまで作ったCCCD(Copy Control CD)ですが、音質が結構劣化する、無視できないぐらいの割合のCDプレイヤーで動作しない、そもそもそれだけしてもコピーされる、という最悪の代物でした。
今でも出回っていますが、もはや意地で嫌がらせしているようにしか思えません。

著作物にとってコピーは大敵です。とにかく、根絶やしにしたいのです。音楽やソフトの日本国内の不正コピー率は多く見積もれば4割から5割ぐらいにも匹敵するぐらいですから。正確なソースは探すのが面倒なので今回は提示しません。最新の報告もまだのはずなんで。
ともあれ、音楽離れの傾向が見える一方で、音楽がどんどん不正にコピーされてる現状は、とにかく音楽業界には大打撃です。そりゃ商売ですから。
タワーレコードのサブスクリプションサービスはそういう意味では、打開策としての意義は十分あると思います。

結局のところ、不正コピーされるから値段が下げられない、値段が高いからユーザーが買わない、ということならコピーとかどうでもいいような環境で適切な値段を提示すればいいわけです。
実際のところ、そんな単純な話ではありませんし、難しいことですが、だからこそ結構いい試みだと思います。
特に「非従量課金」サービスは、最近のIT関連では成功例が多いですし。誰だって、制限を気にしながらサービスは使いたくないし、財布とにらみっこしながらCD買うことができる人がそもそも最近少ないのだから。
個人的に、このサービスの自身への有用性を抜かしても、この手の新サービスは応援したいなぁと感じました。



もともと、メディアはできるだけ「不公平なく、低額で、誰でも使いやすく」提供されるべきだと思っています。
ここでのミソは「不公平なく」であって、「平等である必要はない」と思っていること。
コンテンツ業は多くの人間が楽しむためのものです。そしてそれを優先すれば、結局かなり多くの顧客が存在するわけですよ。
コンテンツを提供する業界そのものが、コンテンツを利用する利用者全て課金さえしてしまえば、利用者がそれをどの程度活用するかという平等性は抜きにして、不公平なくサービスが提供できます。
安定した収益も確保できるし、利用者にしてもこれ以上使いやすいものはありません。

これが、多くのメディアの利用者でもあり、著作側にも回ることのある自分としての、考えです。
もちろん利点を並べましたが、欠点が大量にあります。
例えば、適正価格が非常に難しいこと、コンテンツに資金を多く投入する顧客の可能性を無くすこと、多種の業者間での調整が必要不可欠になること、得た収入の分配が非常に難しいことetc....

それでも、これが最良の手段の一つじゃないかと思っています。
少なくともコピーを免れようとしても免れる事は『不可能』です。
そもそも音楽なんかは、再生が可能な時点ですでにコピー可能ですから。最近のPCなら、再生したものを再度サンプリングしても、かなり高音質を保つ事は可能です。
少なくとも音楽のコピーを防ぐという発想自体、もうこの時代ではナンセンスになりつつあるのです。
そもそも音楽は共有するもの。なら、共有しても大丈夫な形に運んだほうがよりいいと思うのですよ。


さて、他のものですが。
音楽だけなら、まだいろいろと可能性が見えますが、他のものは難しいところですね。
映像に関しては、音楽より難航するでしょうけど、やはり同種だと思います。限られたパイになりがちかもしれませんが、それでも不公平ない形にしたほうが確実だし、よけいなしがらみもなく、また発展にもつながるんじゃないでしょうか。

書籍は難しいですね。ただ、紙媒体に限定するものが多いので、こちらは現行のものから大きく変える必要はないと思います。スキャナという手段も存在しますが、深刻な事態になるほどの技術はまだ開発されないでしょう。

ソフトウェアは厄介ですが……、これはまだコピーガード方面で頑張るのがベストでしょう。音楽や映像のようにキャプチャーという手段が存在しない以上、まだ砦は守れます。守り続ける必要がありますけど。
万人に使えるようにする必要性があれば、また課金も手ではあります。IEの価値はWindowsの値段に含まれていると考えていいんじゃないか、ってぐらいのレベルの話だと思います。もちろん、これはWindowsがほぼ独占、残りのシェアもMacOSなどのまともにお金のかかるOSが支配しているから成り立つ論法な部分もあります。

なんか途中で話が脱線気味でしたが、とにかく著作権保護も今後は動き方をいろいろとかえる必要があると感じています。
特に音と映像。静止画も含む。
日本をメディア大国にするなら、それこそ世界に先駆けてそういうユニークなシステムを設けてもいいんじゃないかと思います。いっそメディア援助のために国民から税金とりあげて、その分メディアを思い切って値下げでもしてくれりゃ面白いと思うんですけど。
まぁそんな大胆な事は無理だろうし、実際そんなことに反対な立場の人も多いでしょう。

でもね、コピーはできるんだから、コピーしてもしょうがない環境を作るのが一番なのよ。

第7話 「作者取材のため」

『作者取材のため……』という漫画雑誌でよく使われる文句。
この取材の範囲はどこからどこまでなのか。

「企業や、店、その他いろんな場所に話を聞きに行く」
取材本来のあり方って、多分こうなんでしょうね。

「風景や遺跡などを観光する」
一応取材として認知されている範囲ですよね。理に適ってはいるし。

「映画を見に行く」
取材じゃないだろ、と言われますが。はてさて、これもまだ取材には変わりないと思うのですが。

「彼女とデート」
取材じゃないだろ。でも取材です。えぇ。恋愛は重要な要素です。実体験も貴重です。
でもこれはプライベートの範囲っしょ。

「ぼけーっと過ごす」
なにを取材してるのですか。悟りを開いてるのですか。「NHKにようこそ!」をみたいなものを書くひとならありなのかもしれない。


で、結局。どこまでが取材ですか?

2005年09月24日

酒飲みつつ

なんとなくビールが飲みたくなり、しかしつまみがなく、深夜にコンビニにいってから揚げを買ってくるという微妙な行動をしつつ。
でも深夜の2時のコンビニ、割と人多かったよ。出入りもあったし。

そいやビールといえば、たまにモルツとエビスを間違えます。なんでだろう。3文字カタカナだから?
さすがに買うときに間違える事はないけど。見た目は似てないし、値段違うし。
やっぱエビスはうまいですよ。今日飲んだのマグナムドライだけど。


で、酒飲みつつブログを更新している理由は、なんとなくそのままのノリで壁紙作ったから載せてみるという。
別段大した工夫はしてないけどね。


適当風味ですが、もし壁紙を保存する場合は、クリックして大きな画像にしたあとに、右クリックから「名前をつけて画像を保存」を選んでください。

ちなみに使った画像は山口県の秋吉台。
石灰岩が点在する高原で、写真は適当な駐車場からちょっと歩いたところです。春休みに撮影。
元画像の画質が悪かったので、逆に加工する理由になったようなもんですw

第6話 「それゆけ蜘蛛男」

「なぁ、アンパンマンって」
「ん?」
「愛と勇気だけが友達なんやろ?」
「まぁなぁ」
「カバオくんもバタ子さんも友達じゃないんよね」
「だけって言ってるからには友達じゃないんだろ」
「なんでやろ?」
「は?」
「友達がいない理由」
「そりゃ正義の味方だからじゃないか?」
「そっか~、スパイダーマンと同じか~」
「いや、まぁそりゃそうだけど」
「じゃあ、きっと入れ替えても大丈夫なんちゃう?」

想像してみてください。

「どう考えても無理があるんだが」
「え~、じゃあ合体させてみるとか」
アンパンマンの顔をした蜘蛛男。
「気持ち悪いわっ!!」
「案外いけるんちゃう?」
「ありえんて……」
アンパンチ食らったら、そこから蜘蛛の糸が伸びてます。

2005年09月23日

聞き放題だって

ちょいと前にみつけたニュースだけど、タワレコとナプスターが組んで、音楽配信サービスを始めるらしい。

ナプスターといえば、WinMXなどのP2Pソフトの先駆けともいえるサービスを提供してたところ。著作権関連裁判では、かなり有名。基本的に音楽ファイルの交換に用いるサーバーを提供してたらしい。
会社続いてるとは聞いたけど、こういうところに手出してたんだねぇ。


で、ただの配信なら別にどうでもいいんだよね。
1曲何円とかの配信なら、今まで散々あるし、そもそもその形態だったら携帯電話向けサービスとして、着うた関連でかなり普及している。
もっとも、俺はこの形式あまり好きじゃない。曲単価が高いし、着うたなんぞ別に興味ないから。
興味ないっていうのは違うか。聞くためじゃないんだし、普段使う分以外はそんなにいらないやって感じ。


だけど、聞き放題となると話は別。結構気になる。
値段次第だけど、音楽流しっぱなしにすることも多い自分としては、結構重宝しそうな予感が。
曲数100万曲というのは、やはりきっと少ないんだろう。マイナー曲は好きだが、別にそれ以外でも聞くのでその点問題なさげ。

問題は、専用プレイヤーで聞けという話。もちろん仕方ないんだけど、Wyvernマンセーな自分としては気になるところ。
他のソフトの邪魔にならないような軽いプレイヤーを提供できるのかどうか。
正直、あまり当てにならないような気がする。


値段とそのへんのもの次第で、もしかしたら加入してみるかもしれませぬ。
あぁ、音質下がるけど、いかにセキュリティ強化したところでアナログ録音はできます。
ん、明日あたり著作権保護に関する技術の話でもしますか。主に自分の見解ですが。

第5話 「裏技」

「えっと、↓R↑LYBXAだっけ」
「いや、↑X↓BLYRAじゃね?」
「↑↑↓↓←→←→BA」
『それはコナミコマンド』
「むぅ」
「で、どっちよ?」
「てかスーファミどこよ?」
「いや、えみゅ」
「エミュかよ……」

ちなみに上がスト2、真ん中が超武闘伝(ドラゴンボールZ)、下がコナミコマンド系です。
CAPCOMのロゴ中に裏技コマンド入れるのが、かなりしんどかったのを覚えてます。
そんなこと乗り越えてきたうちらの世代の男子は、ゲームパッドを自在に操れないほうが珍しい。

あと、良い子の皆は「えみゅ」には手を出さないようにねー

2005年09月22日

久々に

カオス改造に手を出す時がきたわけですが。
まぁまだ手出してません。さっきまでECOやってました。ネトゲ廃人です。
廃人レベルかは知らんが。


今回改造という形になったのは、Lv6兵種がバランス悪いと再三言われているのと、メッセージのシステム掴むのを兼ねた戦闘ログの隔離。
まぁ前者はいつもやってることだからいいんだけど、戦闘ログの隔離は結構面倒です。
手順としては、

1、ログ書き込み方法を解析する
2、それを元に、新たなログ書き込み手段を構築する
3、ログ表示方法を解析する
4、ログ表示用のスクリプトを用意する
5、戦闘ログの書き込み先を、新たな書き込みに変更する
6、通常のログから専用ログへのリンクを貼るように変更させる

だいたいこんな流れでしょうか。
既存のを真似るだけなんだけどね。面倒っちゃ面倒。


そして、今10時過ぎだけど、夕方ちょっと食ったせいでまだ晩飯食ってません。
別に食えないことないんだけど、まぁいいかって放置してた。
でもいい加減腹減ってきたので、米炊いてます。どうせまともに作らんけどね、この時間からは。

第4話 「似てない」

店を開く、という言い方。これは恐らく店の扉を開くというところから来たのだろう。
この店を開くは、新しい店を開いたともいうし、その日の店の業務を始めたという意味でも使う。
これに対して、店を閉じると、店をたたむは明らかに意味が違う。

勇者:「つまりだな、この時の『開く・閉じる』と『開く・たたむ』は別のペアの対義語なんだよ。別にずれてるわけじゃない」
僧侶:「うん、それで?」
勇者:「俺たちが宝箱を開けて取るのと、人の家に入って引き出しからものを盗るのも似てるけど別の言葉なんだよ」
僧侶:「別に似てないけど」
勇者:「……」
僧侶:「で? 良心が痛むならやめたら?」
勇者:「うぅぅぅ……」
勇者パーティは大変。

2005年09月21日

ECOについて

自分的には、操作性がROに似ていててなじみやすかったECOですが。
感じたこと。

・VRAM64MBは普通に動く最低ラインで、少しカクカクするレベル
・人が多いとマジ重い。東アクロニア平原が最も混んでいる模様(プロ南に近い
・まだバランス調整がよろしくない。特に後衛や支援は厳しい
・MP回復が弱いため、魔法は散漫
・憑依システムとまったり狩りは、ある意味このMMOの特権なのかもしれない
・前衛はかなり楽らしい
・合成アイテム集めてみてるけど、なんか価値が全然ないんだよなぁ

まぁキャラ萌えがきっと要素の一つなんでしょう。
……俺とて作ったキャラがあれじゃねw


あぁ、そうそう3分クエストについて。
ノリは4コマ漫画だと思ってください。毎日更新できるレベルに抑えます。
でもって、最初勇者にしておきながら、次がトイレネタだったり、基本的に題材適当ですんで。
今日はなににするかこれから考えます。
では。

追記:
書き忘れてたけど、キャラこんな感じです。

15/13 ウァテス   ♀タイタニア
6/5   まーちゃん  ♂エミル
3/2   ノビ      ♀タイタニア

ドミニオンがいないのは仕様です。他鯖にちょっと作ると思うけど。
ECOに関しては、ECO-Wikiあたりが情報量多いですね。

第3話 「これドラマ?」

一組のカップルの修羅場。
「別れましょう」
「え、そんな!」
「知ってるのよ……浮気してるの」
「そ、そんなことないよ! 俺、君以外に…」
「嘘よ! だってこの前見たんだもの」
「どこでさ?」
「合コン」
合コン行く彼女も彼女だが、彼氏マジ気づけ。実際あるらしい。

2005年09月20日

銀の弾丸

ソフトウェア制作にかかる、コストである『人月』を減らす。
これが非常に難しく、劇的に減らせるような手段がないと。
これを狼男に比喩して、銀の弾丸という話。


その原因は、同じようなものでも一から作るからで、そのために全てに関して複雑で大量のテストが要求されているわけで。
モジュールの再利用が進めば、工程数は減る。コーディングはもちろんだが、一度は信頼のとれているモジュールなので、結合テストを中心に進めればいいからだ。
でも、このモジュール再利用はなかなか難しい。なにせ、適合性のとれるちょうどよいモジュールがないからだ。
また、モジュールは数が増えれば増えるほど、その制御にかかる手間が増える。無理にモジュールを再利用しようとすると、かえって問題が悪化することもある。
まぁここまでが今日聞いた講義の話。


では、打破策案。
俺はWinnyの仕組みが大好きで、非ピラミッド型の構造にすればいいんじゃないかという発想をまず考えます。
で、思いついたのがこれ。

汎用性のあるモジュールを再回収するための仕組みをサーバーまたはP2Pネットワークで確保する。
この汎用性の部分は少々難しいが、このモジュールを再利用するための仕組みとして、モジュール自身にどのような他のモジュールとの適合性が高いかを記録させる。
モジュール同士をつなげる形を優先するために、汎用性を高めるようなインターフェースを用意する。
足りない部分は既存のプログラム方式で補えばいい。


まぁ問題点を抱えてる上に、これが実現できるかどうかはわからない。
少なくとも、再回収を中心としているので、結構工程数を減らすのには貢献するだろうが。
いろいろと考えてはみたが、まぁ思いつきだとこれぐらいが限界。

第2話 「トイレ」

小学校の授業中のありがちな光景。
生徒:「先生、トイレ!」
先生:「先生はトイレじゃありません」
本人は非常事態なんです。許してやってください。

その2。
生徒:「先生、トイレ行っていいですかっ!?」
先生:「じゃあダメって言われたら行かないの?」
それは酷いよ先生。

その3。
生徒:「先生、トイレが詰まって使えなかった! どうにかして!」
先生:「他のトイレに行けばいいでしょ!」
戻ってくるなよお前。

その4。
生徒:「先生、トイレにゴキブリが!」
先生:「う○このほうが汚いんだから気にしない」
いやそりゃ、そうだけど。

足痛い

微妙に左足つったんですが。
気を抜いたときに変に力入れてつるとかあるよね。

最近小説を書く気分に少しずつなってきたが、果たして長持ちするのだろうか。
というか並行でできない以上、開発を優先していれば後期は全く手付かずになるだろう。前期中盤以降同様に。
小説も書きたいんだが、いざ書くとなると気乗りしないことが多い。だからいつも勢いで書くんだけど……まぁ特定の〆切があれば別なんだろうけどね。
〆切あっても今の自分には高校時代のような無茶はできません。

あぁ、こっちで小説公開したという話をしてなかった。
WindSkyに近々追加するか。
http://aqusetu.egoism.jp/etc/chaos_mini01.html

BadGeeksのカオスバトルを題材にしたもの。第二幕も一応考えてる。なんか書かされそうな予感。
内容としては、イベント大会の時の蒼月包囲網からになると思われ。
関係者は期待しないで待っててくだされ。

第1話 「いきなり」

勇者:「えー、なんの予告もなく始まった3分クエストです、よろしく。このコーナーは小説書く癖がつかず、いつもサボりがちな著者のリハビリ小説を載せるそうです。大体毎回、投稿ページの十行程度で、超短い代わりにブログの記事が更新されるたびに更新を心がけると。以上説明終わり」
僧侶:「えーっと、突っ込みたいところが山ほどあるんだけど……」
勇者:「なんだねっ!?」
僧侶:「まず、なんでクエストなのか、なんで私たちなのか、そもそも3分って何」
勇者:「なんとなく3分クッキングをもじって3分クエストにしたのと、クエストだから勇者とか出してみた、ということだそうだ。もちろん、3分は書くための目標時間でもあるらしいぞ」
僧侶:「……いいのかなぁ、そんないい加減で」
勇者:「ちなみにここで十行だ。では皆さん、また明日」
僧侶:「そもそも小説になってないんじゃ……」

2005年09月18日

メッセ状態

いや、なんとなく説明してなかったなぁと思って。
メッセの状態とその判断です。

退席中:
大抵ほかの事に気を取られているか、PCとは無関係な用事(家事など)をしている

一時退席中:
本人が明示的に席を離れている。退席中と違うのは「たまたまいないんじゃなくて、今は普通にいないんだよ」という本人の気分。

昼休み:
あまり今相手する気ないよ、の意。簡単な仕事やゲーム中に用いられる。メッセで話しかけても反応する可能性は高いが、大抵適当に流される。「邪魔だから」と捉えてもらって可。

取り込み中:
本気で作業中。なにか至急話しておいたほうがいいこと以外は取り合わない。大抵切羽詰ってる。試験勉強中とかはこれ。「話したら殺す」とか言われるので基本的にいないもんだと思ったほうが。
ちなみに課題の話とか仕事の話なら別にOKらしい。どうせ簡潔な反応だけど。

電話中:
本当に電話中の可能性高し。話してる最中に会話が止まったと思ったら、この状態になってることが多い。電話と平行でできません。


以上、メッセする人はそんな感じだと理解してもらえれば。

2005年09月17日

ECOACLR

だらだら~っと毎日を過ごしてます。
ちょっとずつCGI作成のほうもやってることはやってるけど、多分暇にしてる時間の割には進行具合が芳しくない。
完全にだるモードに入り込んでる証拠ですね。

MGS3なんぞやってたせいで、やってなかったACLRを再開。
しかし、ミッションはともかくとしてやはり機体の動作的には、いろいろとなんともいえない部分が。
3が一番よかったなぁと思ってしまうのですよ。
マシンガンの弱体化もやりすぎて、どうしようもないわけですが。
強化人間使いたい気分満載なのも仕様ですね。

だるさに負けてアルコール補給中。
少量のアルコールなら返って、いろいろと良い効果を出すと思うのですがどうでしょう。
ちなみに氷結飲んでます。チューハイではこれが一番好きだし。

ECOは憑依Lvうp。Lv14かな。

2005年09月15日

えっと

ぱにゃのカテゴリつくったんでECOのカテゴリも用意してみました。
ただ、多分オープンβだけだと思います。むしろ、後期始まったらあんまりログインできないし。しても、せいぜい憑依落ちばっかでしょうな。
金溜まらないから、多分そのうちやめるでしょ。

まぁどうでもいいんですが。
ECO。とりあえず普通にネトゲモード入ってやってます。全盛期のROに比べたら大人しいもんだけど、なにせ夏休みで時間あるもんで。
やることはいろいろとあるんだけど、ね。いや、予定もなにも多分8月でいろいろと吹っ飛んだ。
ただ地道にまだ影でやってます。ちょこちょこ小説も書いて無くはないし、ゲームの設計も徐々に進んでるし。
それでもかなりだらけてるのは認めますがw

今しかやれないことがあって、それを頑張ろうとは思うんだけど。
その今しかやれないことの一つが「時間を無駄にだらだらと過ごす」でもあるわけで。
前期でかなり忙しかったのに、後期はもっと忙しいことがわかってるわけだし、ね。
でもそろそろもうちょいまともに過ごすべきじゃないかという気持ちはありますが。多少はマシにはするとは思うところ。


で、ECO。ウァテスが13/10です。ROで言うところのアコ。ただし支援なし、ヒールと状態回復のみ。
HL覚えました。憑依しながら回復と攻撃できるように……なったけど火力ないしMPすぐ切れる。
なんか憑依状態でスキル使うとMP消費が倍になるみたいですな。どおりで減りが早いわけだ。
とにかく攻撃力があまりないため、ソロはつらいところ。街周辺から出られません。耐久力はヒールのおかげであるんだけどねぇ……。
憑依落ちして地道に稼がせてもらってます。

2005年09月14日

ECO

ついに新しいネトゲに手出しました。なんだかんだで前から気になってたんで、やってみるかーと結局やり始め。
気がついたらLv11なんだけど、どうしましょうw

まぁLv11まで上がったのはわけがあって。前からやっていた緑翠と一緒に狩りしてたのですよ。自分は回復担当なんで、憑依システムで相手の武器防具に入り込んで回復魔法だけ唱えてました。
楽なんだけど、操作が少なくてそれはそれで空しい(´・ω・`) 早くホーリーライト覚えないとw
元々ROやってたため、同じ癌胞運営のソフトだけあって、動作は結構覚えやすい。エモは少々不満あるけど、ROみたいに2Dチックじゃないから仕方ないのかも。

憑依システムが、どうもエレメンタルジェレイドっぽい。弟が漫画集めてたから読んだんだけど、憑依つかリアクトですよ。
そういうわけでリアクトという呼称を推奨します(マテ

一枚だけSSがあったので貼ってみる。

……一応男キャラも作ってあると言っておくw

2005年09月12日

操縦システム

フルメタの外伝あたりにASの操縦システムの詳細が書いてあった。
まぁよく考えたもんだと言いたいところだが、俺も結構どうでもいいこと深く考えてるから人のこと言えないw

ASはアーム・スレイブなわけですが、アームはそのまま兵器の意味だとして、スレイブというのには、既存技術のマスター・スレイブシステムをかなり意識したものだと考えられるわけで。
マスター・スレイブっていうのはようするに、操作用の検知機を腕などにつける「マスター」と、それによって実際に動く機械の「スレイブ」という組み合わせのシステムです。
確かにこのシステムなら、複雑な機構を操るのに便利でしょうしねぇ。

さて、MSなどの場合は戦闘機と同様のスティックに、車のような足元のペダルを併用してるわけですが。
これはもちろん、初代ガンダム当時の時代もあるし、MSが既存兵器から進化したという経緯もあるんですが。
これの場合、どの程度複雑な動作ができるか、ですよね。かなりの動作をソフトウェア的に補助していかなければならず、その分の負担が大きくなります。案外、AI並のシステムを積んでいるけどソフトウェアに
ほとんどリソースを取られてるのかもしれませぬ。
細かい動作のバリエーションに限度がありそうです。

こういった操縦システムがあるわけですが、最新技術を元に考えるとこれらよりもっと効率的なシステムが将来的には可能だと考えられます。
思考制御。すでに実際に活用が始まっているこの技術を用いれば、結構複雑な動作を、その思考制御本体さえしっかりしてれば、ほかのインターフェースを最小限に抑えて操縦システムが作れるわけです。
思考制御といえど、読み取ってる部分の多くは人間の身体を動かす目的の電気信号ですから、必ず補助デバイスは必要にはなるでしょう。
しかし、マスタースレイブより発展した形として、十分考えられる範囲になると思います。
それこそ、MS程度の操縦補助システムで、AS並みの柔軟な機動性を得られるような。

ソフトのほうは、そういった感じで面白い将来性が見えつつあります。
で、ハードのほうですが、まだいろいろと問題が数多くあります。恐らく人を乗せるためには
1、安定性
2、振動の少なさ
の2点を解決する必要があるでしょう。この2点に関しては、まだ十分とはいえません。特に2は深刻で、現在の技術で身長数mの機体を走らそうとすると、揺れで中の人はすごいことになります。この2が解決できるかどうかが今後の鍵でしょう。

2005年09月11日

選挙

自分は選挙権ありますが、今回の選挙は投票してません。
まず、当日投票所にいければまだ行ったと思うんだけども、今下宿先なもんで。
期日前投票するほどの熱意も無い上に、大体結果は見えていたので。
Yahooの速報で確認したところ、やっぱりすぐに確定でてました。

で、選挙番組ぐらいはぱーっとつけて見てたんですが。
途中で県内に切り替わるのがあまりにもうざく……w
俺神奈川県民だからこっちにはあまり興味ないんだけど……全国のにしてくれっ!
ということで飽きて見なくなりましたとさ。
まぁ出口調査ですでに大勢は決まってたんですがね。自民圧勝か。ある程度予想はしてたが、にしても本当に大差つくとは。
田舎じゃ郵政反対で自民不利なんじゃないかって話もどこへやらですね。

ま、少なくとも自分は民主とか応援する気はなかったので収まるところに収まったかなって感じです。

皿買った

ダイソー行ったら割れたのと同じものがあった。そりゃ2年半前に地元のダイソーで買ったものだけども。
新しい皿探していいのがないなーって時にみつけたので、なんかちょっと悲しくなった。でも買った。

そもそも昨日の俺の行動は謎ばかりなわけですが。
一昨日の夜、23時過ぎにうたた寝したらしく、気がついたら深夜2時半。
なんとなく外に出たくなったので、なぜか夜中にチャリでうろつく。試しに行ったこと無いほうに行って見る。迷う。深夜に意味もなく外出して迷う。最強。まぁ1時間半ぐらいで帰ってきましたが。

そしてシャワー浴びて寝ようとするものの、うろついたのが悪いのかうたた寝が悪いのかやはり寝れず。諦めず粘ってたら外が明るくなってきてようやく寝る。
そして起きたら昼。なんかようやく夏休みらしくなってきました(違

とりあえず起きてからはだらだらとした後外出。北のほうのブックオフ(結構遠い)まで行ってから、ちょこちょことよって本とかDVD-Rとか買ってきました。
あと書く内容思いつかねぇなぁ。日記は所詮日記なので、次あたりは日記じゃないもんにしますか。

2005年09月10日

皿割れた

あと茶碗がそういえば2つあるうちの片方のふちが欠けてるのですよ。
多分、そっちは温度差のせい。前は面倒で茶碗ごと冷凍してたんで。それをレンジでチンすれば、温度差で脆くなるのもしかたないかと。
絶対そっちのが楽なんですが、さすがにぼろぼろになりそうなので、今はラップのみです。

んで、皿が割れた原因はというと、よくわからないうちについたヒビが少しずつ侵食していった結果です。なので、不吉とかじゃなくて時間の問題だと思ってたから、あんまり考えない。
今日受けた試験とか関連づけたらなんか不安になるでしょ。もとより気にしないほうなので、別段不安にはなりませんが。
むしろ今日の試験はまだわかりやすかったからそう言えるのかもしれないけども。

なんか結果戻ってくるまではそれなりにかかりそうです。あとはTOEICの勉強をやらねばねば。
TOEICは意地でも650はクリアしますよ。730欲しいけど無理ぽ。
周囲の連中は650もありゃ十分じゃんと言いますが、そのスコアでも補習校メンツの中じゃほぼ間違いなく最低値です。
アメリカ住んでた意地を見せんと。ちなみに、話を聞いてたところ連中は960と940とかいう超スコア叩き出してます。
ちなみに大学生の平均は500程度だそうです。就職で有利になるのは600が目安だとか。
英語力は基礎力の1つだし、今のうちにもうちょいスコア上げるべく頑張ったほうが良さそうですな。

2005年09月08日

MGS3

メタルギアソリッド3を中古で買ってみました。発売時に買わなかったのは面倒くさかったと言うか。
メタルギアシリーズは割りと好きですが、なんか3の評判はそこまでよくはないようなのであまり期待せずにやってみました。

で、実際どうだったのかと言えば面白かったけど、繰り返し遊ぶには1や2ほど遊びがいがないかも。
ていうか今回ソリッド・スネークじゃないんだけどね。2だと雷電+スネークだったけど、今回はスネークはスネークなんだけど……って感じで。
舞台がそもそも冷戦で、旧ソ連への潜入ミッションだし。てかソ連にジャングルはイマイチ合わないと思うのは俺だけでしょうか。
知識としてはそういう場所も十分含んでる事は理解できるんだけどねぇ。

まぁなんだかんだで、シリーズものは1作目がいいというのはなかなか覆されることのない事実ですが。
シャドーモセスが一番ぽくて良かったかなぁって思います。今回も決して悪くはないんだろうけど……ん~、なんだろなぁ。レーダーに頼りすぎてるせいもあるのかもしれない。さすがに1960年代にそんな超技術はないみたいです。年代の割りに近代兵器が割りと数多くでてるけどね。
総合的に見て、1と2をクリアした人なら3買っても損はしないと思う。

2005年09月06日

MCA

集中講義、というかMCAっていう資格の講義を受けに下宿に戻ったわけですが。
MCAってのは、マイクロソフトの認定している資格で、なんか4つあるレベルの3つ目に当たるやつらしいです。
基本的にはMCPが情報関連専門職では求められたりするんだけども、MCAはそれを少し楽にした感じらしいです。今回受けてるのは、MCAのセキュリティ。

マイクロソフト認定という話からわかると思うけど、これ前提がWindowsです。ソフトもIEやMSOfficeを想定しており、それらに加えて包括的にセキュリティの知識があるかどうかを問うという、M$らしいなんとも言えない資格ですw
とはいえ、クライアントは9割がWindows。サーバーにしたって、WinServerは結構出回ってるし。
まぁなんだかんだで、そうなるのも仕方ないのだろうけど。Windows他M$製品に脆弱性がよく見つかるのは、それだけターゲットにされていて、それだけ解析が進んでる証でもあるとかいう話も聞いたし。
でも実際のところ、ごてごてとつけてるせいでそんなんなってるだけというのが本当じゃないかと。

さておき、Windowsといえば脆弱性。なんかMBSAなるものがあるらしいです。
無償のセキュリティチェックツールなんだけど、割と一般の人でも簡単にできるツールで、見逃しがちなところがわかるのでいいのかもしれない。
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/tools/mbsahome.mspx


とりあえず半端ながらも、ちゃんと生きそうな資格なので落とさないようにしようと思っておりまする。

2005年09月05日

100ゲトー⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

The Least 100 secがクリアできません。きつすぎ。BMのAnotherぐらいならできるんだけど、KMのREALは㍉。まぁあの曲かなり好きですが。

と無理矢理100つながり持って来ましたが。
ブログ100記事目です。思ったより時間かかったなぁ。4ヶ月ちょっとかな。
今のペースだと年始に200行くぐらいかな?

ブログの存在はそれこそかなり前から知ってたし、どうなのかなーって見てました。しかし、だんだん増えてくるにつれ、かえって参入しづらくて。
ほら、ビルダー更新かれこれ5年ぐらいじゃないですか。なんかブログに移ってしまうのも勿体無いような気がして。自由度だって低くなるし。
とか抜かしつつ、一時期は日記cgiも使ってたんだけどね。日記cgiでも更新止まる事が多くなってきてたから、ブログも微妙かなという感じも。
でもブログならではな、コメントとトラックバックは面白いと思ってます。あんまり使ってないけどさ。
トラックバックなんかは、今まであまりなかった発想だからね。ただ、そのせいで最近情報氾濫が余計酷くなってるわけですが。
検索下手には辛いですね。そんなに下手じゃないけど。でもGoogle頼りすぎもよくないなぁと思った。


さておき。
下宿に戻ってきました。実家の半端な忙しさからは解放されたわけですが、そもそもなんで実家帰って忙しくなるのかと言うと、いろんな用事が入るからであって。
その大半が遊びとか言うツッコミはいいから。
おかげで、8月中はほとんどだらだらと過ごしてました。ある程度は覚悟してたけど。そもそも、実験のレポート書かないうちに旅行に行ってる時点でいろいろとアウトです。

そゆわけで、8月を振り返ってみる。
そもそも俺にはまだ仲の続いている昔の友達がそれなりにいるわけで。まず幼馴染みから始まり、アメリカの補習校のメンツ、中学の異次元3人、高校の友達、魔のH市メンツ、そして今の大学の友達。
大学以外は地元で合うことになるので、それぞれに1日費やしただけでも5日です。実際はそれ以上費やしてるので、それだけで結構な日数に。
それに加えて、実家での用事とか、いくつかあったので、いろいろ出かけてました。外出時間だけなら、バイトしてる人のほうがそりゃ多いと思うけど、無駄にあちこち行ってパターンのない生活を送ってました。

にしても、よく仲が続くなぁと思う昔のメンツ。それなりに理由はあるんですよ。

幼馴染みは、親同士が友達というのが一番の原因。実は小2には引っ越して、普通には会わなくなってるんだけど、それでも年に数回会ってたため、今でも交流は途絶えず。最初に結婚した人にティファニーの食器だかをあげることになってます。いつの間にか。

アメリカ補習校は、そもそも戻ってきたら交流もなにもないというところはあるんだけど、割と小さいつながりはそれぞれあったようで。大学受験で予備校でAとSkが偶然再会したことをきっかけに、集まることに。俺は実家が神奈川で、他の皆は大学が都内だったため、割と東京近辺なら簡単に会えるということで、以来年2回会うようになりました。首都圏に集中するのはある意味、必然ではあるんだけど、にしてもねw

中学メンツは、とにかく濃いというか、そもそも中学の時点で政治の話をしてた時点で異常ですが。曰く、「常識を知りながら常識を無視する」と。いや、俺そんなに無視してないヨ? まぁ一般人に溶け込めないわけではないけど、実はかなりずれた一群です。にしてもあの落ち武者め、生活知識的な常識は欠け落ちてやがるな。下宿戻ってみたら、やつが片付けた部分はいろいろと問題が……勘弁してくれorz

高校はわけのわからんノリでした。とりあえずネタに溢れていたというか、むしろネタ以外なかったような。A君も時人もいたしね。笑いなしで一日を過ごした記憶がほとんどありません。最初の頃は笑いどころか、どこかのお葬式なクラスでしたが。

H市メンバーは、時人の地元で隣の市。友達の友達が、友達になった形なわけですが。それで知り合った人間が二桁にのぼっているというのがすごい。実はチャリで頑張っても片道40分強。よくそれだけ遊ぶようになったもんだとしみじみ。地元戻って一番会うのがこの辺ですね。

で、大学。ネトゲやってるばっかなのは仕様です。高校ほどおかしなノリはしてないけど、それなりにネタありだらけありで過ごしてる感じ。


まぁそういうわけで、大学はともかく、付き合いが深いのですよどこも。高校のメンツとは最近会ってなかったんだけどね。
さて、気がついたらたくさん書いてたので、ぼちぼち切り上げないと昼飯食えません。午後からMCAの講義ッス。

2005年09月03日

メカニカル戦隊・カチカチレンジャー!

謎のタイトルですがコイツです。
携帯カメラで撮って載せてやろうかと思ったのですが、残念ながら今現在ノートPCにドライバ入れてない+入れたりするの割と面倒なので、今回見送り。
ていうかドライバCD持ってないと思ったら、持ってたよorz さっさと入れてれば以前のレポートにも仕えたんですが、浜松でるときドタバタの中準備してたので、入れたこともすっかり忘れてました。
まぁ明日には帰るんですが。

で、カチカチレンジャーですが、俺じゃなくて弟が買いました。むしろ買わせました。きっと夜中うるさいです。そこら辺は仕様で。うるさくてもなんでも、メカニカルのあの反応のよさがいいのですよっ!
それに俺が触ったことあるキーボードの中でTOP3に入るお勧めのキーボードでする。打鍵感がよい。戻りがいいし、キーの重さもちょうど。
自分が使いたいために買わせたという説もありますが、どのみちそんなに時間ありません。
せいぜい同じく弟が買ったテニスゲーやる時間があったぐらいですYO

そういや隣町まで、弟の原チャリと俺のチャリで勝負してみました。
お互い無理はしない範囲で……といいつつ、俺のチャリは瞬間時速50km/h超えてたけど。
どう考えても、普通のチャリで勝てるようなもんじゃないとは思うけど(隣町まで5km程度はある)、道の混み具合とか、信号のつかまり具合が有利なので、なんだかんだで勝ててしまったわけで。
最高時速のとおり、途中で少し下り坂入ってたのも有利な条件かな。速度規制のある原チャリ(法定速度でなくて)に比べて、歩道を通れるチャリであれば、障害(歩行者)の無い限り、おもっきり飛ばせるから。
まぁ勝ったといっても、20秒程度の差だけど、これで原チャが必ずしも早いわけじゃないことが証明されました。
……どうでもいいね。

2005年09月01日

免許更新

普通免許とって、3回目の誕生日が一ヵ月後になったので、免許更新してきました。
住民票は神奈川に置いたままなので、更新するには実家帰ってる間が最適なのですよ。
警察署でも更新できるけど、免許が後日交付で面倒なので、本部の二俣川まで行ってきました。

大学生はまだ夏休み。当然のごとく、この時期は免許取る人が多いようです。とはいえ、まだ更新の受付に行った時点ではそんなじゃなかったんだけど。
ともあれ、更新手続きを済ませて視力検査。うわ、微妙に見えづらいのがあったorz
うーん、また目が悪くなってる? 眼鏡の度が少しずつ進んでいくのは悲しいことです。
写真とって、講習室へ。初回講習は2時間だそーです。まぁ講習さえ受ければ更新できるなんつー簡単なシステムだから、別に2時間ぐらいいいんだけどね。優良者は30分……この差はちと悲しい。
さておき、この講習の教官ですが、素晴らしくどーでもいいことばっか喋ってました。
どうせ学科試験の時のおさらいみたいなもんだろ~っと思ってたんだけど、それ以上にど~でもいい内容でした。
あと、なんかドラマ見せられました。まぁ交通事故を題材にした、いかにも定番な感じのシナリオなんだけど、本日封切りだとか。そっか、一日だもんね。なのに内容が超古臭いのはなぜ。なんか雰囲気は古臭いのに、中身は割りと新しい(撮影に使われていた電車の車両で判別)というギャップ。
理解に苦しむ。効果音とかも古臭い。テロップもなんか古臭い。予算問題か?
ちなみに今回の前のドラマでは、見終わって泣いちゃってる人もいたとか。まぁわからんでもないが。

運転適正自己チェックをやって、それからまたぐだ~っと微妙な話を聞いて。あかん、教則本の内容ならなんでもなしに聞き流すつもりだったが、内容が微妙すぎて聞いてしまう。
まぁ、つまらんことはなかったのですがね。ほら、現役学生は授業慣れしてるからそれと似た雰囲気で、雑談っぽく延々と話されると気づかれするんですよ。
そして終わって免許交付。最初に取得した時とは大違いで、スムーズにすべて終わりました。
休憩時間のときも思ったけど、免許取得の面々は学科試験後、非常に退屈そうに廊下で待たされてました。俺も最初そうだったからわかるけどね。
微妙にそこから離れるわけにもいかず、椅子はもう溢れているので座れず、廊下に立ちっぱなしでぼーっとしてる人がほとんど。機転の利かない連中だなぁ。放送さえ聞こえりゃそんなとこいなくたっていいだろうに。


などと思いつつ帰宅。
だら~っと過ごすフリをしつつ、Raysの設計を続けてみる。実家での1日の作業能率はあまりよくなく、恐らく浜松に帰った時点で急激にペースがあがることだろう。
1.5倍ぐらいにはなると予想。ただしだらけなければ、という前提つきで。来週なんか午後はMCAを受講するが、それでも今より集中できる環境にはなるはず。
というのも、俺は浜松戻ったら完全に早寝早起き生活を実践する気でいるから。今までの自分だったら、そんなこと思っても実行は無理に近かったが、いろいろと忙しい前期と、遊びまわった8月を経ているので、自分の中の割り切りは十分できてると思う。
あとは外的要因だが……まぁ、意識的に締め出せば問題なしっ!

Raysはなんとしても、後期が始まる前に形だけでも作ります。
おかげで小説が全然進んでないとかは……おいといてください(汗