2005年04月30日

なんか

大学のメンツが結構blog持ってること発覚。
そして先ほどアドレス交換。トラックバック引っ張ったろうか。内容全然関係ないけど。
つか俺以外全員ネトゲのブログですよ。俺もぱにゃ書くべきか!?
いあ、そんなにやってるわけじゃないけどね。

……昨日18H2周回ったけど。


今日更新する気あまりなかったのだが、出てくる前に更新するとか言ってる輩が二人いたので書いてみる。
特にネタないけど。


本日は飲み会。つってもそんなに飲む面子じゃないので推して知るべし。
いいもん俺は飲むから つд`)
だってGWの予定これしかないんだもん…w
出かけてもどこも混んでるだろうしねー。
一昨年は田舎に、去年は実家に帰ったけど今年はだらだらと過ごす予定。

2005年04月29日

カテゴリー分類とか。

俺がblog設置すると言ったら、零のところも作って同時設置になりました。
トラックバックテストを兼ねていろいろやってるんだが、あちらはよくわかってない模様。大丈夫なのかw


明日は飲み会の予定。
大学のメンツがなかなかそういうノリがなくて、言い始めてから半年ぐらい経ってる気がする。
いや、言ってるのは俺じゃないんだけどね。


各コンテンツを埋めて、この雑記で5本か。わかってると思うけど今日だけですよ~。

  • だる雑記:普段の適当な雑記
  • 三国志NET:三国志NETに関する話題
  • 小説:普通の小説の話題と、自分の書いた小説関連
  • 雑記+:ちょっと真面目な内容なんかはこっちに分類

まぁそんな感じで。

カテゴリー分類とか。の続きを読む

連載なんかするんかなぁ

とりあえず、初期に作ったカテゴリーを埋めてみる。
小説のカテゴリーで取り扱うのは、自作小説と一般的な小説の話題全般。
自作つっても最近全然書いてないがね。
逆にそういうわけで、ブログ上で少しぐらい連載できたら面白いかなぁとも考えてる。

さてさて。
今は"Free as the wind in the sky."、通称fatwitsが一番手。
空をテーマとして、ほわほわ~っとした感じで書いていければいいかなぁと思ってます。
プロローグはあんな形になったけど、本編では一番最初から書いてます。
ただの女子高生の早紀がなんで空飛んでるのか、ちゃんとわかるような理屈つくってます。なんだかんだでSFだし。
あぁ、連載つってもfatwitsができるかどうかはわかりませぬ。

連載向けといえばエンス編。あれはノリだけで書いてるのでいけるかも。
ブログだと後で修正するのも楽だし、ね。
エンス編で、しかも各キャラの一人称で書こうと考えてます。エンスのみじゃなくて、主要4キャラぐらいの。エンス・タレン・D・ベリアントの四人だね。あと+αもありうるかも。
まぁアクトにしろエンスにしろ、あのへんはパクりの塊だと自覚しております。作品の基本設定を作っていたころに読んでいた小説の影響いろいろ受けまくってますので。

ま、実際連載できるかどうかは、まだ未知数。
なにせ忙しいことは忙しいし、段々だれてくるのは目に見えてる。
というかダルイズム全開ですから。このブログ自体が。

Wiki・Blog・BBS

タイトルに挙げた三つの共通点は見てわかるとおり、Webブラウザ上で投稿するツールであることである。
どれもテキストを書き、情報の提供を目的としていて、書かれたログはちゃんと残る。
ちょっと単純すぎて極端なものになるが、大体の概要をまとめてみる。
これは決して良い解釈とはいえないので注意。

逆順になるが一般への浸透性の高いものから。
BBS、つまり掲示板は『他者との対話』を目的としたツールである。
書き込みは誰でもでき、一度書いたものはそのままログとして保存されるのが一般的。
削除は投稿者か、掲示板の削除権限を持つ者のみ可能である。

ここでも使用しているBlogは『情報の掲載』を目的としたツールである。
書き込みは権限を持つものに限定され、閲覧者はそれに対してコメントやトラックバックを用いることが可能である。
このトラックバックは同種のコンテンツを探したり、情報ソースを参照する上で重要な役割を果たしている。

そしてWikiは『情報の統合』を目的としたツール。
誰でも自由に編集が可能で、編集内容はログとして保存される。
新たな情報を投稿することも、それを編集することも自由で、グループウェアと呼ばれる。


さて、見ての通り目的が全然違うものであるし、システムも違う。
それでもどこか似通った部分を持っているのも事実だ。
無論、求められている役割によってシステムは変わってくる。
しかし、これらのツール、互いに利点・欠点をちゃんと見てればより活かせるように思えるのだが。


とにかく自分が今感じているのは、Wikiというツールは使いにくい。
編集の手軽さや、システムには好感をもっているし、それこそがこのツールに最も求められている部分だろう。
しかし、Blogのような投稿の工夫もなければ、掲示板のような相手という概念も薄い。
この部分、まだまだ工夫の余地はある。だが、Wikiというシステムに取り組むのは容易ではないかもしれない。割とがちがちに作ってあるシステムだからだ。


Wikiに求められたグループウェアとしての役割、確かに果たしてはいる。
だが、正直使い勝手がよくない。掲示板並みに手軽に利用できて、初めて本来の価値がでるのである。
調べてないので、どうしてWikiが今のような形になったかはわからない。
ただ今は疑問に思っているだけ。
とにかく、よりよいグループウェアが今後登場することを期待する。

BadGeeksとWikiとブログの関係

このブログの位置づけとしては、まず基本的にはWindSkyに属します。
でも自分の統合的なブログとしての位置づけなので、三国志NET関連も扱っていこうかと。

BadGeeksでは運営・改造の補助(実質的には副管理人)、三国志NETWikiでは管理人をやってるわけですが。
プレイヤーとしては実際のところ、カオスでしかやってませぬ。
自分で作ってるから、ってのもあるだろうけどね。他サイトに入れ込むところまではなかなかいきません。というかむしろ、改造の偵察にいってるようなもんで……。
どうも遊ぶより改造のほうが好きなようです。


さて、カテゴリー分類で三国志NETの時には、Wiki又はBadGeeksの自分の振る舞いを元にして書きます。WindSkyとはちょっと離れた気味な内容になりますがご了承くださいませ。

まぁ今回あまり内容をあれこれ書くのはやめて、また次の時にでも。

ブログ設置

設置してみました。
WindSkyでの日記更新が面倒になったのが原因ですが。
ビルダー立ち上げてちまちま更新するのが面倒、ログの整理が面倒と、言った感じでして。
うーん、昔は毎日ちゃんと書いてたんだけどなぁ。

まぁだらだらと書きます。ダルイズムマンセー。
ちなみにブログタイトルは伺かネタ。検索してみれば普通にあたるんじゃないかと。
ま、そんな感じで適当にやっていきます。

見た目はもうちょい改装予定。

2005年04月28日

このブログについて

このブログはWindSkyのブログです。
著者に関して、あるいは著者の公開しているコンテンツなどはそちらなのでお間違えのなきよう。

自サイトWindSkyでは、以前の小説などを公開しておりますので、興味を持った方はぜひどうぞ。
http://hayate.pekori.to/


ちなみにトラックバック制限は一切しておりませぬ。リンクも気にせずどうぞ。
トラックバック貼ってくれれば一応見に行ったりはすると思います。
なお、小説の転載はご遠慮ください。

(c)真田 疾